ギャンブルを描いた有名なアート作品

ギャンブルは、時代とともにその形を変えながら、世界の文明のなかに長く存在してきたアクティビティです。ギャンブルは何よりもまず、社会的な現象であり、常に注目を集めてきました。歴史の中で目撃されてきたように、映画業界も音楽業界もまた、ギャンブルに注目し、取り上げてきました。さらに、様々なアート作品までにも、ギャンブルの影響は色濃く残っているのです。

世界各地のあらゆる文化において、ギャンブルは様々な形で、とても古い時代から存在していました。しかしなぜ、ギャンブルはまったく異なる時代を生きた芸術家たちに、これほどまでのインスピレーションを与えたのでしょうか?おそらくこれは、ギャンブルの持つ性質によるものであり、各時代の芸術家たちはその特有の性質をアート作品の中に捉えることに夢中になったのでしょう。

芸術家がギャンブルに惹かれる理由

芸術家たちは作品を通して、様々な歴史的な出来事、聖書や神話の物語、人々の日常生活などを表現しています。一言で言うならば、芸術家たちは作品を通して、感情を表現するために生きているのです。ギャンブルは、絶望や不安、幸福感、喜び、陶酔感などの様々な感情に溢れています。だからこそ、ギャンブルの中の感情や雰囲気が、芸術家たちを惹きつけているのでしょう。

  • カシアス・マーセラス・クーリッジ作《ポーカーをする犬》

本作は、ギャンブルを描いた最も有名な絵画のひとつに違いありません。犬たちがテーブルに集い、ポーカーをプレイする様子を描くとは、斬新なアイディアですよね!この絵画にはさらに興味深い点があります。テーブルを囲む他の犬たちが、横目でカードを盗み見ようとしている隙に、ブルドッグが相棒にエースのカードをこっそり渡しているのです。この絵画を表現する3つの言葉は、「かわいい」「可笑しい」そして「天才」でしょう!

  • ポール・セザンヌ作《カード遊びをする人々》

ポスト印象派の画家ポール・セザンヌによる名画で、現在でもギャンブルを描いた最高の絵画とみなされています。パブでの農民たちの日常を描いた作品で、特にトランプ遊びが主題となっています。

この作品のもうひとつの興味深いポイントは、この絵画が一枚のみの傑作ではないということです。《カード遊びをする人々》は5枚からなる連作絵画で、それぞれに独自のタッチと魅力があります。

  • ヤン・ステーン作《カードゲームをめぐる口論》

もう一枚の有名なギャンブル絵画は、ヤン・ステーンによる1665年の作品で、カードゲームめぐって口論するプレイヤーが描かれています。カードゲームがもたらす混乱を描いた本作は写実的であり、様々な身分の人々が一緒になってカードゲームに興じていたことがわかります。

  • カラヴァッジオ作《トランプ詐欺師》

リアルなギャンブルシーンを描いたこの傑作は、1594年頃に制作されました。この絵画には、市井の人々の暮らしぶりが、リアルかつエレガントに表現されています。絵の中には、ベルトの下に隠したカードに手を伸ばす少年と、中央で共謀者にサインを送る年上のトランプ詐欺師が描かれています。

  • エドヴァルド・ムンク作《ルーレット台にて》

ノルウェイの画家であるエドヴァルド・ムンクによる傑作で、20世紀初頭に制作されました。ムンクの作品は一般的に、蔓延するペシミズム、孤独や死の主題などを特徴としていますが、それと同時に、人間の生に対する欲望も表現されています。本作は、表現主義の視点からのカジノアートといえるでしょう。